大切なお知らせ


梅雨に台風に猛暑日に、いよいよ本格的な夏のシーズン。

蝉の鳴き声も日常になって、太陽が照りつけ暑さに悶えているであろう来月初旬に第二子の出産を控えています。

娘が誕生してからの一年半、子供の成長に目を見張る毎日はとても新鮮で濃密であっという間に時間が過ぎていきました。
初めてのことだらけで大変なことも多いけれど、こんなに人生を豊かにしてくれる存在なんだな、と改めて思う。そんな愛おしい存在がもう一人、幸いにも授かって今まさに臨月に入ったところです。

スローだった製作活動が今年に入って更にスローになって、のんびりでも製作は続けつつ子育て中心の生活を送ってきましたが、またしばらく製作活動をお休みすることにしました。
二人目ということもあって、再開時期は一人目の時よりもずっと先になってしまうかもしれませんが、少しずつでも再開できればと思っています。
まだぼんやり考えている最中ですが、子供服や子供のものにも興味が出てきたので、落ち着いたらアクセサリーと一緒にやってみたいと思ったり。

産後しばらくはonlineshopの方も数か月お休みさせて頂きます。
なかなか更新できないonlineshopですが、いつも見てくださる皆様ありがとうございます。
今月の25日に一旦閉めさせて頂きます。
25日までは見て頂けますので、ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

現在macottonのアクセサリーを見て頂けるのは、

ALICE HENDRY さん(表参道)、
Lilianさん(広島)、
mofmofさん(福岡)の3店舗になります。


暑い時期の臨月は想像以上にきついけれど、またあの小さな赤ちゃんに会えるのか~と思うと楽しみ。まだたったの一歳半の娘には兄弟の誕生はどう映るのだろう。

想像以上に慌ただしくなりそうですが、しばらくは子育てにてんやわんやしたいと思います!

d0176620_373328.jpg

[PR]
# by macottonmaco | 2015-07-17 08:20 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

retro heart

夏菓子のような、フルーツゼリーのようなハートのアクセサリー。
表参道のALICE HENDRYさんにピアスとイヤリングを納品しました。
d0176620_0403539.jpg


ハートのパスタにドットを描き、仕上げはフランスのビンテージの極小のスパンコールを一つ一つ貼り付けた、パッと華やかなアクセサリー。

大好きな50sや60sファッションをイメージして。
d0176620_137512.jpg


太陽が似合いそうな、夏にぴったりなレトロな気分の新作です。
d0176620_046234.jpg


店頭にて是非ご覧くださいね。

ALICE HENDRY
[PR]
# by macottonmaco | 2015-06-11 06:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

l'atelier du savon 京都路面店にて


本日openのアトリエドゥサボン京都路面店にて、店舗限定アイテムとしてmacottonのアクセサリーが並びます。

夏が似合う"ennichi"シリーズから、お麩と淡水パールの繊細なシリーズ。
お祭りの縁日にも、海にも、浴衣にも。
d0176620_11143815.jpg
d0176620_1115838.jpg
d0176620_11152417.jpg


京都路面店のみの限定アイテムとなります。
アトリエドゥサボンさんは私も好きなブランドの一つ。
テキスタイルやカタチがいつも新鮮で、お店に訪れる度にうきうきした気持ちになります。
京都近郊の皆様、是非お立ち寄りくださいね。


l'atelier du savon 京都路面店
〒 604-8083 京都市中京区中之町23-3
TEL 075-744-6128
l'atelier du savon



飽和状態だったアトリエを思い切って断捨離し、アトリエ兼家族の共有スペースにしました。
d0176620_1132825.jpg

すっきりして以前よりも断然作業しやすくて居心地も良い。
作業しているとついついごちゃっとなってしまいがちだけど、家族との空間でもあるので常にすっきりを心掛けることができて一石二鳥。

新しい空間ができて嬉しい。

玄関も夏に模様替え。
d0176620_11331884.jpg


また新たな風が吹くこの夏、そろそろ色んな準備をしないと・・・。
[PR]
# by macottonmaco | 2015-05-29 11:40 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

MAY



いつの間にか春が去り、初夏が訪れ夏が来ようとしてる。
ゆっくりブログを綴る時間がなかなか取れなくなってしまった。

この間まで赤ちゃんだった娘が一人で歩き始め、とことこよちよち家中を歩き回るようになりました。目が離せなくなった分大変だけど親としてはとても嬉しい。

娘が生まれて約1年4か月、自分の人生が目まぐるしく変化している気がする。
今まで自分が基準だった志向がころっと娘と家族基準になって、日々の映る景色も前とは違う。
女性はいつか母親になるって当たり前のように思っていたけれど、とても有難いことなんだと気づかされる。

女の人って不思議だな。
d0176620_2514186.jpg
d0176620_252795.jpg



今年に入って製作の方はよりスローになってしまいましたが、GWにmofmofさんで開催されていたイベント「LIFE」に参加していました。HPやインスタではお知らせしていましたが、ブログでは事後報告になってしまいました。

初夏をイメージしたkaoの耳飾りやコットンパールのanimalブローチ。
kaoの耳飾りは、今回は頭に鳥を乗せた子たち。
バカンスな雰囲気です。
d0176620_2532280.jpg
d0176620_2534875.jpg
d0176620_254978.jpg

納品したアイテムは引き続きお取り扱い頂いていますので、お立ち寄りの際は是非ご覧ください。


今月と来月あたりにも少量ですが納品の予定があります。
ALICE HENDRYさんともう一つは新しいお店。
前後してしまうかもしれませんが、またお知らせしたいと思います。
d0176620_2544587.jpg

[PR]
# by macottonmaco | 2015-05-21 10:36 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

旅の続き

前回の記事から随分と日が空いてしまいましたが・・・
冬に巡った九州の旅の続きを綴ります。

熊本から車を走らせ、予定より早く着いた長崎でまず立ち寄ったのは以前から訪れてみたかった波佐見町。
ここは波佐見焼で有名なところで、普段使っている器が偶然にもこの地で作られていることが多いので、数年前から気になっている場所だったのです。
d0176620_1404746.jpg

さすが窯元の町、至る所に工房やファクトリー、お店があって一日では周りきれないほど。
最初に入ったお店のスタッフの方がお勧めのエリアを色々教えてくれて、地図を片手にできる限り周りました。

中でも目を惹いたのは西ノ原地区。
古い建物を改築したお店兼ギャラリーやカフェ、ファクトリーショップが連なる小さなエリア。
雰囲気のとても良いところで、伝統と洗練された新しさみたいなものが融合した、と書くとちょっと大げさだけどそんな場所。
d0176620_273253.jpg
d0176620_275389.jpg
d0176620_281551.jpg

もの作りの場所だからなのか、どこにでもあるようなのんびりとした地方の田舎町なんだけどどこか違う空気をまとった町。のどかな中に良いものを大切に丁寧に暮らしているそんな空気が伝わってきて、あれが欲しいこれも欲しいというような都会の消費社会がとても薄っぺらいものに感じてしまった。
簡単に安くてそこそこの物が手に入ってしまう時代だからこそ、「買う」という行為を大切にしていきたいなあと改めて思った。
こういう所にも住んでみたいね、と家族でそんな話をしながら小さな町を後にしました。


そして長崎で一番行ってみたかった場所、平戸へ。
至る所に古い小さな教会がひっそりと佇む島。
本州を旅していても時々不意にカクレキリシタンの歴史の一端に触れることがあるけれど、ここはその地なんだなあと思うと色々と思いも巡ってくる。

ステンドグラスや、貝や虫の羽根で装飾された内装の壁が見事な教会、外観も様々で建築にも目を奪われてしまいました。
d0176620_240584.jpg

d0176620_2585342.jpg
d0176620_2541861.jpg
d0176620_2553971.jpg
d0176620_256930.jpg

d0176620_092417.jpg

写真だけで見るとまるで日本じゃないみたいに感じるけれど、どの教会も丘の上の民家や住宅地の中にひっそりと建っていて大々的に観光地化されているわけではなく、そこには地域の人たちの信仰が脈々と続いていることを思わせる。
カクレキリシタンの歴史を描いた遠藤周作の「沈黙」をいつか読んでみたい。

もう少しゆっくり見たい気持ちを我慢しつつ、二日間の長崎滞在のあとは再び福岡へ。

この九州旅行では、いつもお世話になっている福岡のmofmofさんに初めて行くこともできました。こだわりのある可愛いものがぎゅっと集められた小さなお店には、関東ではなかなか出会えない作家さんのものもあったり。
d0176620_0424966.jpg

お客さんの絶えない素敵なお店でした。こういう寄り道も旅の醍醐味。
少しの間でしたがおしゃべりに付き合ってくださったmofmofさん、ありがとうございました♡


あっという間に九州の旅もおしまい、本州に渡って目指すは広島。
広島には何度も来たことがあって、懐かしい場所に再び。
d0176620_057862.jpg
d0176620_0593760.jpg
d0176620_155660.jpg

宮島は、観光客が多い通りの一本裏に入った通りが雰囲気が良くて好き。
表通りの賑わいが嘘みたいにひっそりとする。
相変わらず鹿たちものんびりしていて、時々え?!ってところから出てきたりして。何度来ても良いところ。

広島でもお世話になっているLilianさんへ寄り道。3年振りの再会。
d0176620_1212346.jpg
スタッフのお二人と楽しいおしゃべりをしたり店内を見せてもらったり。
macottonも可愛くディスプレイして頂いて嬉しい限りでした。


広島からはまっすぐ東京に戻るつもりだったけれど、旅の終わりが近づくにつれ寂しさが。
どこかまた寄り道して帰ろう、ということになって初めてのお伊勢参り。三重に立ち寄りました。
立派なご神木がいくつもあって、式年遷宮で新しく建て替えられたばかりの建物がとても綺麗でした。
d0176620_1503895.jpg


2週間の旅もこれでおしまい。
高千穂に平戸にお伊勢さんに、日本の神様と西洋の神様を巡ったような旅。
大自然や田舎の風景や温泉に癒されて、物作りの町では気づきもあって、友達に会えたり会いたい人に会いに行けたり。
美味しいものも欠かさずに。

家族3人のんびり構えた自由な長旅。奇跡みたいな贅沢な旅でした。
この旅でフグに牡蠣に赤牛や松坂牛まで堪能した娘。
美味しそうに、時に興奮して、時にドヤ顔で小さな体で元気に食べる姿も面白かったなあ。
そしてずっと運転を頑張ってくれた夫には感謝。車好きな夫に運転も地図もほとんど任せきりで私には本当に贅沢旅行でした。


もっともっと行ってみたい場所が増えた九州。
またのんびり訪れてみたいです。
[PR]
# by macottonmaco | 2015-04-01 02:33 | 日々 | Trackback | Comments(0)

九州への旅

先月、長めのお休みを頂いて家族3人でのんびり車で九州半周の旅に行ってきました。
2週間弱の旅日程のスケジュールを出発の5日くらい前から決め始め、途中からは旅をしながら予定を組むというフリーな旅。
何にせよ旅の始まりはわくわく。

初日は東京から15時間の移動をして、夫の親戚のいる下関に2日ほど滞在。
下関市内を色々案内してもらったり、唐戸市場で海の幸を堪能したり。
それから関門海峡を渡って九州へ。

福岡の友達夫婦のところに泊めてもらって、その後大分へ。
有名な観光地にも行きつつ、宿泊したのは風情のある昔ながらの小さな温泉郷。
閉館している宿が幾つもあったけれど、雰囲気がとても良かった。
d0176620_1694594.jpg
d0176620_1692156.jpg
d0176620_1611745.jpg

時間がゆっくりと流れていて、都会や大きな観光地のように雑多じゃなくて。
宿には家族風呂があって、娘は初めての温泉も体験できました。
この地で食べたそばの実のアイスがとっても美味しかったです。
立ち寄り湯がいくつも並ぶ小さな集落、いつかまた訪れた時は湯巡りしたい。

小さな温泉郷を後に、阿蘇へと繋がる道をドライブ。
”やまなみハイウェイ”という道がとても素晴らしかった。
まるで北海道の道を走っているかのようななだらかな丘陵が続くかと思えば、傾斜の険しい山脈が現れる、関東では目にすることはできないダイナミックな地形に驚くばかり。

d0176620_1623046.jpg
d0176620_16232095.jpg
d0176620_16234922.jpg
d0176620_162446.jpg

初めて見る阿蘇山は、素晴らしい景色にただただ圧倒でした。

阿蘇からはちょっと駆け足、ずっと行ってみたかった日本の神話の里、宮崎の高千穂へ。
”高千穂”という響きを聞くだけでなんだか少し神秘的な気分に浸っていた私。
行ってみたらやっぱりとても神秘的なところでした。
d0176620_16543032.jpg

d0176620_165671.jpg
高千穂峡。
鋭く浸食された幾重にも続く岩。深い渓谷に太陽の光が降り注いで滝と川を照らし、何とも言えない景色が広がっていました。

おやつには、おいりがトッピングされた可愛いソフト。
d0176620_23475120.jpg


そして高千穂峡近くの天岩戸神社へ。
d0176620_2351279.jpg

神話にまつわるスポットのあるここでは本当に神話の世界を体感したというか、神職の方の話を聞くとより感慨を持って感じることができました。
d0176620_002024.jpg
d0176620_01056.jpg


国見ケ丘という場所にも行ってみたかったけれど、時間的に我慢。
ここからまた駆け足で熊本、長崎へと抜け旅の後半へ。

長崎では素敵な物づくりの街と教会巡り。続きはまた今度綴りたいと思います。
[PR]
# by macottonmaco | 2015-02-23 00:58 | 日々 | Trackback | Comments(0)

新年のあいさつ



d0176620_186294.jpg

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
昨年から子育てをしながらのマイペースな活動になりましたが、その中でもイベントに参加させて頂いたり製作の機会を与えて頂いたりと、とても楽しく活動させて頂きました。
いつもご覧頂いている皆様、ありがとうございます。
今年も自分のペースでもの作りをしていけたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


1/15~1/27までお休みを頂きます。期間中はメールのお返事、お品物の発送の対応をお休みさせて頂きます。onlile shopからのお買い物やメールのお返事は27日以降順次対応させて頂きます。宜しくお願いします。
[PR]
# by macottonmaco | 2015-01-14 18:11 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

online shop 更新しました。

とても久し振りになりますが、online shopを更新しました。是非覗いて頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。
d0176620_23442531.jpg


online shop





この秋から冬にかけて、娘服を作ったりリメイクしたり。
d0176620_0235947.jpg
d0176620_0241324.jpg

学生の時買いだめしていた生地が大活躍。来月で一歳になる娘、最近はますます目が離せなくなりました。
もう一歳なんて、なんて早いの。
寒い時期に生まれて、季節は巡り巡ってまた冬が来て。

ふにゃふにゃでお風呂に入れるのも怖いくらいだった赤ちゃんが、伝い歩きも始まって私にしがみついて来たり、喜怒哀楽の表情も随分と豊かになって。

いつの間にか、親指と人差し指を使ってものを掴むことがとても上手になったし、ご飯を掴んで口に運ぶのも日に日に上手になってる。

歌を歌ったり音楽を流せばノリノリに体を動かしたり、あっかんべーをすれば真似してきたり。

ここ最近の成長の著しさには驚かされるばかりだけど、そんな成長の一つ一つが何よりも嬉しい。

無事に産まれてきてくれたのも、すくすく大きくなってくれたのも、当たり前と思われるその一つ一つが奇跡だなあと思うのです。

今までと違ったことに悩んだり考えたりすることも増えるけど、娘が元気に笑っている姿が一番嬉しい。(写真はぐずっているけど・・・)

d0176620_0331994.jpg

[PR]
# by macottonmaco | 2014-12-16 00:39 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

Lilian christmas ☆彡



11月末に広島のLilianさんへクリスマスのアクセサリーをお届けしました。

初期からの定番、”ribbon drops"シリーズ。
d0176620_1133255.jpg

国内外を旅して集めた古い切手、ラベルやカード、ファブリック。
そんな旅のかけらから派生したイメージのリボンを作る作業は、いつも思い出に満ちています。
今回は去年旅したフィンランドで見つけた切手の柄も使いました。

手に取った際、何かストーリーを感じて頂けたら嬉しいです。



小さなパールがこぼれ落ちるリボンの指輪。冬のお出掛けに。
d0176620_11332135.jpg
d0176620_11333616.jpg


"Lilian blog"


近日中に久し振りにonline shopも更新予定です。
またお知らせ致します。

お知らせや日々の事など、instagramにも更新しています。
IDはmacottonmacoでやっていますので、良かったら是非フォローしてくださいね。




クリスマスが近いこの時期は何となくわくわく。
古民家な我が家もクリスマス支度。
d0176620_11495186.jpg

[PR]
# by macottonmaco | 2014-12-08 12:05 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

うつろう季節


家の周りの木々も綺麗に色づいてきて、もう秋も深まる頃。
金木犀の香りもセミの鳴き声の名残もいつの間にか消えていて(もうとっくに)、そろそろ冬支度もちゃんとしないと、という時期に。


この間は家族で久し振りに山梨までドライブ。
空も紅葉も富士山もとても綺麗だった。
d0176620_12301031.jpg

そして一年半ぶりに温泉にも入ることができて、久し振りのリラックス。
前にもブログで書いたことがある、「ほったらかし温泉」。
高台から望む富士山と甲府盆地が絶景なのです。
とてもおすすめの温泉。

秋だからかな、ぼーっとする時間をとても欲している。
ゆっくり本なんか読んだりしたい。
今までの趣向以外の本を読みたくて、よく一緒に神保町散策していた友達と、またあんな風に古書店巡りしたいなあと思いを馳せたりしている。
新しい本屋さんもとても楽しいのだけれど、古書店での出会いってどうしてあんなにときめくのだろう。
時代によって変わる言葉の使い方、書体の雰囲気、紙質、装丁、デザイン。
内容以外の魅力で買ってしまって、未だに手を付けられずにいるのも何冊かある。
生きてる間に読めればいいやって呑気に思ってたけどちゃんと読みたいなあ。

この間見つけてピンときた小さなアートブック。
d0176620_12315538.jpg


娘のための絵本もいい出会いがあって、益々古書店巡りへ出掛けたくなる今日この頃。



寝っ転がってばかりだった娘ももうすぐ立ち上がりそう。
季節が巡るのも早いけれど、子供の成長の方が早く感じるな。
d0176620_13281980.jpg

[PR]
# by macottonmaco | 2014-11-12 14:52 | 日々 | Trackback | Comments(0)