<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

つれづれ

友人のブランドのホームページができました!
一人はベルギー在住の洋服のブランドを始めた友人。
大人っぽくて一癖ある洋服が素敵です。日本でも展示会やって欲しいなあ。

Y love fantasia

もう一人は前にもブログに書いた事のある、刺繍のアクセサリーを展開している「aya」。
色のグラデーションやモチーフがとても可愛いです。新作のお花シリーズは特に惚れ惚れ。

aya


二つともとても素敵なブランドです。是非覗いてみてくださいね!


最近ブランドを始めたりサイトを開設した友人が多く、近況を聞く度に嬉しくなります。

私もインターネットには恩恵を受けているけれど、ネットで自分の世界観を表現できるって凄いなあと、そんなこと今更のようだけれど思った。
自分の作品の発表、それを通じて人とのコミュニケーションや繋がりも生まれる。
改まって考えるとインターネットの可能性ってもの凄く大きい。

ここ数カ月の間に中東諸国や中国に広がっている抗議活動や革命も、背景にはネットによるコミュニケーション・情報交換が働いている一面もあるし。
新聞や映像で中東諸国のデモを見ていると、その多くが見たところ20~30代若者。
ネットを駆使して行動して、命懸けで国を変えようとしている同年代の人達。実際には今も多くの血が流れていて、日を追うごとにその数は増えている。
あるエジプト人が言った「エジプトの為になら死ねる」という言葉。
生死を問われれば簡単ではないけれど、当たり前に愛国心を持ってる人って何人であっても素敵だ。
エジプトのムバラク大統領が退陣したのは日本時間の深夜だったけれど、その歴史的な瞬間もネットの動画で観ていた。
抱き合ったり国歌を歌ったりして歓喜に沸く広場は観ていて感動的だった。

一方地上波のテレビをつけてチャンネルを回せどどこも中継どころかニュース速報すらない。
うちのテレビで見れたのはアメリカの放送局CNNと日経ニュースチャンネルのみ。確かアルジャジーラ経由の中継。

ああ、ほんと、若者のテレビ離れが進行するわけだと実感。

芸能人のスキャンダルがニュースのトップを飾ったり、パンダ騒ぎしたり、どうでもいいことばっかり。もっともっと、他に大事な事あるのに!
報道の自由がある(?)代わりに報道しない自由もある。それを淡々と使いこなす。
今に始まったことではないのだろうど、日本のマスコミの報道内容や質に一層疑問を感じてしまう。他の普通の国ではどうなんだろ?

中東からエネルギーを買っている日本にとっても対岸の火事では済まされないかもしれないのに、内政ガタガタメディアもガタガタ。
安穏とした空気はいつまで続くことやら。

d0176620_20141317.jpg
散歩中ふと見上げたら電線の上に並ぶ小鳥たち。あちこちに向いたお尻が可愛い。
[PR]
by macottonmaco | 2011-02-22 20:18 | 日々 | Trackback | Comments(2)

コールガール?

d0176620_118588.jpg
一目惚れオブジェ。へんてこりん女の子。
足に私物のプレッツェルイヤリングを引っ掛けてみる。ぎりぎりのバランス!

昔の日本製の物です。
変な置物を見つけると「出会いだ!」とか思ってついつい手が伸びてしまいます。純粋に可愛いとは言えない女の子に弱いです。怖いのは別だけど・・・。
即決率は洋服を選ぶ時より確実。


d0176620_11155384.jpg
最近は久し振りに"bouquet"シリーズのアクセサリーを制作中。
今月から新しくお取り扱い頂くお店様に向けて色々作っています。

淡い造花や色とりどりのスワロフスキーを縫い付けたり・・・
雪が降ったりとまだまだ寒い日々が続きますが気分はすっかり春なのです。とは言うものの私の住む地域では今週末もまた雪だとか。

雪国に比べれば天と地ほどの差なのでしょうけど、関東の積雪は色々な交通機関が混乱するので大変です。雪掻きも結構きつい!(この程度で雪国の方に申し訳ないけど)これは単なる運動不足・・・?

暖かい春、待ち遠しいですね。
[PR]
by macottonmaco | 2011-02-17 11:46 | ブランド・制作のこと | Trackback | Comments(0)

星空と夜景と

スカイプラネタリウム。

これを見に先日六本木ヒルズの森美術館へ行ってきました。
3Dで空間ごと楽しめる、まるで宇宙にいるかのようなプラネタリウム。
吸い込まれそうでとても綺麗でした。

もう昨日で終わってしまったそうですが、4月から春夏の星座で第二弾がスタートするそうです。
もちろん行く気満々!
たまには地元のプラネタリウムにも足を運んでみようか。

d0176620_16512532.jpg
お土産に買った宇宙飛行士が閉じ込められたスーパーボールとドイツ製の地球の3Dカード。
この手のスーパーボールってついつい買ってしまいます。用も無いのに・・・。しかもガチャガチャで。


d0176620_16541293.jpg
星空は見えないけれどさすがは東京の夜景。まるで地上の星です。
遠くまで綺麗に見れました。
ずっと遠くのかすんで見える光も綺麗。

スカイツリーより東京タワー派。昭和な雰囲気の景観に惹かれます。
子供の頃以来行っていないので今度行ってみようかな。



*HPのcatalogに新作をアップしています。是非覗いてくださいね。
macotton catalog
[PR]
by macottonmaco | 2011-02-14 17:02 | 日々 | Trackback | Comments(0)

tea time × ribbon confeito

建国記念日の今日からの3連休、私の住む町では生憎の雪で底冷えするような寒さ。
ホットカーペットからなかなか離れられません 笑。
最寄りの駅のローカルな電車はちょっとしたことですぐに止まってしまうので、あまり酷くならないことを祈ります。

ホームページのcatalogに、新作をいくつかアップしました。
ビスケットやプレッツェルにリボンとお花モチーフをデコレーションしたシリーズ。
春に向けての新作です。
艶やかでカラフルなお菓子のアクセサリーはコラージュする素材によって印象が違います。色々なコーディネートでアレンジを楽しんで頂けたらと思います。
お時間のある時にでも、是非ゆっくりご覧くださいね。

macotton catalog

d0176620_23264891.jpg
d0176620_232718.jpg
d0176620_23271582.jpg
d0176620_2327285.jpg
d0176620_2337415.jpg
d0176620_23275725.jpg

[PR]
by macottonmaco | 2011-02-11 23:35 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

お菓子とリボンのアクセサリー

京都のMariluさんにビスケットのアクセサリーを納品しました。
今回はビスケット・カンパンに女の子のポートレイトをコラージュしたもの。
d0176620_22575422.jpg
d0176620_22583976.jpg
お菓子の中にアンティークカードの女の子を閉じ込めたこのタイプは、ブランドを始めた初期に数点制作したきり、お客様からの個人オーダー以外ではもう何年も作っていませんでした。
今年辺りにまた作りたいなと思っていた矢先、Mariluさんからお話を頂きました。

このタイミングというか、偶然の意思の疎通が嬉しかったです。

写真の女の子はアンティークカードから引用したもの。
少しコミカルにも見えるイラストの女の子は、古い香水瓶のラベルの一部を引用したもの。
クラシカルなイメージの横向きの女王は、イギリスの切手をそのまま使っています。
d0176620_22591337.jpg
レースやドライフラワー、チェーンもコラージュ。
d0176620_22594459.jpg

ネックレスチェーンには大粒のクラシカルなコットンパールが付いています。

ポートレイトをコラージュしたこのシリーズは、今年の秋~冬に改めてシリーズ化して展開する予定です!まだ先ですが・・・楽しみにしていてくださいね。

そして神戸のMALLEさんにはリボンドロップシリーズのネックレスを数点納品しました。
d0176620_2373099.jpg

立春を過ぎてもまだまだ寒さは厳しいですが、春に向けてパステルカラーやポップカラーのリボン。色鮮やかなものに惹かれる季節ももうすぐそこですね。
d0176620_2391859.jpg
d0176620_2393255.jpg


Mariluさん、MALLEさんへお立ち寄りの際は、是非ご覧くださいね。


Marilu
MALLE
[PR]
by macottonmaco | 2011-02-08 23:22 | ブランド・制作のこと | Trackback | Comments(0)

開封したのは

コーネルの本です。やっと、です。

ジョゼフ・コーネル×高橋睦朗 「箱宇宙を讃えて」

d0176620_2044847.jpg
箱の中に様々な素材をコラージュして一つの空間・世界を作り上げた作品が有名なコンテンポラリーアーティスト、ジョゼフ・コーネル。
そのコーネルの世界に「詩」を添えた詩人の高橋睦郎氏。

この展覧会は去年千葉の川村記念美術館で行われていました。
去年の春展覧会を見に行った際に購入した、この催事のためだけに作られた両氏の作品集。
フランスの伝統的な手法による製本で作られたというこの本は、袋とじになっているページをペーパーナイフでちぎらなければ読めないもの。

ペーパーナイフを持っていなかった挙句、ずぼらな私はナイフを手に入れてもしばらくほったらかしにしていました。8か月を経てのようやくの開封です。

d0176620_20463837.jpg
展覧会では「箱宇宙」の名の通りまるでプラネタリウムのような空間に仕上げられていましたが、この本もそんな感覚。物語性のあるコーネルの作品に、物語を与えるように添えられた高橋氏の詩が色々な想像を掻き立てる。コーネルの作品単独で見るのとはまた違って、コーネルの意図とは違うかもしれないけれど作品がより深まるようで。

d0176620_20473174.jpg
本自体もとても素敵でした。なんというか、本を企画した人のコーネルへの敬意を感じる位雰囲気がぴったり。装丁も紙の質感もデザインも余白の取り方も、シンプルでいて細かく考えられているのが伝わってきます。

不器用にちぎってしまっても「味だわ」と思えてしまうのもそのお陰ですかね。
d0176620_20452734.jpg



コーネルの箱作品は川村記念美術館に所蔵されているので常設で見れるかと思います。
とても雰囲気の良い美術館なのでお勧めです!

d0176620_2048309.jpg

敷地内の池にいたこぶのある珍しいガチョウ。
人懐こくて動きが面白かったので、是非戯れてみてください。
[PR]
by macottonmaco | 2011-02-05 20:54 | 日々 | Trackback | Comments(0)