ふたり


7月に入った途端に夏がやってきた。
我が家の野菜たちの成長も著しい。


成長といえば次女が来月で1歳を迎えます。
もう一人でタッチして今にも一人歩きしてしまいそうな次女。
この間寝返りしたと思ったら、この間お座りしたと思ったら、この間つかまり立ちしたと思ったら。
もう歯まで生えてきちゃって。

長女の時とは比べ物にならないスピード感。


でも何だろうこの一抹の寂しさ。
嬉しいけど寂しい。
もうちょっとゆっくりでいいよ、赤ちゃんでいていいよって思ってしまう。

長女の時は嬉しさしかなかったのに、二人目って大体そう思うみたい。


最近は十分に言葉も話せない二人が、何やらコミュニケーションを取っていて笑えます。
一緒におもちゃで遊んだり、見つめあって笑いあったり、お布団に突っ込んでごろごろしあったり、ハイハイで追いかけっこしてみたり。
長女は次女にご飯をあげたがるしお世話もしたがる。

0歳の赤ちゃんでもこうやって子供同士で遊べるんだなあ、2歳のお姉ちゃんのこと、ちゃんと信頼してるなあと、長女の時には見えなかった小さな姉妹の風景が新鮮で微笑ましくて愛おしい。


好きな事なんてなかなか出来ないし、アクセサリーやファッションの世界とも離れてしまってるし、もう樹脂なんて1年以上さわってないし、ゆっくりぼーっとする時間もなかなか取れないけれど、二人の楽しそうにケラケラ笑うその声を背中越しに聞いていると、お母さんて幸せだなとふわっと優しい気持ちになる。


子供を産むと世界に色がつくよって、私の好きなお花屋さんの店主さんが言ってた。


歳を重ねるとその分色々変化していってその中で葛藤もあるんだけれど、ストンと素直に受け入れて楽しんでみる。


気が早すぎるけれど、おばあちゃんになるのもいいものかもしれないな。

d0176620_69363.jpg

[PR]
by macottonmaco | 2016-07-04 06:18 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://macotton.exblog.jp/tb/23269729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 最近の製作 週末のコーヒー >>